ほかの治療院とはここが違います

当院とほかの治療院の違いをまとめてみました。
治療院選びの参考になれば幸いです。

 

西洋医学・東洋医学の両方の知識があります
中国の医学部を卒業し医師免許を取得しました。

西洋と東洋の大きな違いは西洋医学は主に症状が出たらどうするを考え、
東洋医学は主に予防の医学で病気にならないにはどうしたら良いかを考えます。

どちらも私たちの健康を維持するには大切なもので、両方の側面から
どちらも欠かせない医学だと思います。
少し変わった問診をします
問診時には顔色や姿勢・歩き方を見たり、症状によっては 東洋医学の舌診(舌の色や状態を見て診断すること) や 脈診(脈を取りながら診断します。)します。
豊富な臨床経験に基づく検査検査
いろいろお話を伺ってから検査をさせていただきますが、
体の仕組みが良くわかっていないと診誤る可能性があります。

私は医学生の頃から解剖などを行っているので体の中の
仕組みを熟知しています。

病院での臨床経験などから検査結果データーも読み解くができます。

よく検査の数値が高いからと気にされる方がいらっしゃいますが、
全体的なバランスからご説明させていただくと安心されます。

レントゲン・MRIの写真CD等お持ちいただければ、より
詳しくご説明させていただきます。
「痛いところに手が届く」施術
基本的には手技をだいじにしています。
単なるマッサージではありません。

中国の伝統的『推拿』を学び何層にも重なっている
奥深い筋肉にも届かせます。

『痛いところに手が届く』と言われます。

鍼灸も行えますが残念ながら日本では資格を
取得ししていないためできません。

しかし西洋医学を学んでいますので今までの臨床経験を生かし、
ツボ・経絡を刺激していきます。

ツボをステーションとするとそこに車が渋滞しているように
気の流れが滞っているので渋滞を解消するイメージです。
適切なアドバイスやトレーニング法も指導します
健康は心と体が一緒になって保たれます。
総合的に判断してアドバイスさせていただきます。

治療と一緒に必要に応じたトレーニングができると効果がアップします。
どの筋肉にどのような役割があり動きをするのか、私も武術を通して体験しました。

症状に合ったトレーニング法をご指導いたします。
国家資格があります
日本では柔道整復師の資格を取得しました。

しかし資格を持っているからと言って、人様の身体を触らせて
いただくのに充分だということはまったくありません。

実際の経験がものをいう世界です。
経験を積んでさらに謙虚な心を持ち続けることが大切だと思います。

知れば知るほど人の身体は複雑です。
お待たせしない「予約制」
現在予約制を取らせていただいております。

より良い施術をするために、できるだけ多くの施術を行わないようにしております。
最近はなかなか急なごご予約が入れられないこともありますが、
どうしてもの方は、お電話にて症状や状況をご相談ください。
このページの先頭へ